Tea time

緑茶や紅茶の種類や入れ方のポイント等 お茶を楽しむ為のサイトです。

トップページ homeお茶の種類 The kind of tea健康情報 Health information


おいしいお茶を飲むとホッとする。とても贅沢な時間に。

おいしいお菓子を一緒にTea timeしませんか?

このサイトは 緑茶や紅茶の種類や入れ方を紹介します。


緑茶や紅茶の豆知識

緑茶と紅茶は何が違うのでしょうか。

お茶の樹は椿科の常緑樹で、学名を「カメリアシネンシス」と言います。

緑茶も紅茶もウーロン茶も、同じお茶の樹の新芽を摘んで加工したものですが、

その加工方法が大きく異なります。

また、緑茶・紅茶・烏龍茶それぞれが、永年にわたって親しまれてきた香味を出すためには、

それぞれに適した品種・栽培管理があります。

茶樹の品種は大別して、

中国種(バラエティシネンシス)とアッサム種(バラエティアッサミカ)の2種に分けられます。

中国では、栽培種を大葉種・中葉種・小葉種の3つに区分しており、それぞれを交配することで、

各土地に適した品種が植えられています。日本の緑茶は基本的に中国種に分類されます。

アッサム種は酸化酵素の活性が非常に強く発酵しやすいため、紅茶に適しています。

※発酵の段階によって、お茶の種類が異なります。

酸化酵素の働きのことを茶の製造工程では「発酵」と言っています。

茶葉を発酵させて作るのが紅茶です。

紅茶は、摘んだ葉をしおらせて、機会にかけて揉み、十分に酸化発酵させて作る為、

発酵茶と言われてます。

製造過程

日本茶の製造工程

お茶は茶園で栽培し、適期に摘採した生葉を加工することによって製品となります。

茶葉は、摘採した時点から酸化酵素の働きによって変化(発酵)が始まります。

日本茶の場合、可能な限り新鮮な状態で熱処理(蒸す・炒る)をすることによって酸化酵素の

活性を止め、葉の形状を整え、水分をある程度まで下げ、保存に耐えられる乾物状態にします。

この乾物状態を荒茶といい、生葉から荒茶に仕上げる工程を荒茶製造(加工)と呼びます。

荒茶の製造は、上記の理由からもお茶の収穫時期に茶園の近辺で行われ、製造後すぐに

流通にまわされ、商工業者によって保存されます。荒茶は、形状が不揃いで水分含有量も多く、

家庭での保存には適していません。また、香味のバランスもとれていないため、商工業者が

費地への出荷直前に仕上げ(再製)加工を行います。

煎茶の製造工程

煎茶は、荒茶の製造工程で「味・香味・水色」が決まります。摘採後のすばやい熱処理と、

その後繰り返される揉みによって、お茶の品質が大きく左右されます。

緑茶入りの湯呑と茶葉

抹茶の製造工程

揉み作業を繰り返す煎茶に対して、抹茶の原料となるてん茶では揉み作業を行いません。

そのため荒茶製造にかかる時間は.煎茶が約3時間かかるのに対して、

てん茶では1時間足らずです。